2018年11月27日火曜日

『ヘロン登場』

全ジャンルのレコード高価買取中です !!!
---------------------------------------------------------------

当店のレコード&CD 「買取のご案内」 は下の①か②をクリックしてください。
👉【① 名古屋・愛知県の 無料出張買取・査定】
👉【② 全国より「宅配便買取」】
---------------------------------------------------------------



➽ Heron の 1st 『Heron』 (Dawn) の国内盤LPが新入荷しました。
(今日、水曜日は定休日ですので明日開店時の追加分になります。)



国内盤CDじゃないですよ~

 

ヘロン 『ヘロン』

(日本コロンビア YS-2499-YD  1971年)   sold

近年、国内CD発売に際して 『ヘロン登場』 というタイトルで紹介される場合があるようですが、この国内盤初回LPを見るとどこにも「登場」の文字はありません。ひょっとすると初回盤の「オビ」に書いてあったのかもしれませんが。 もっとも、ヘロンみたいなUKフォーク・グループはひっそり現れてひっそり消えていくのが相応しいわけで、 「登場」なんていうワードはしっくりきませんよね。

CD化によって今では随分有名になったヘロンですが、私が彼らの2作品を入手したのは1982年。当時はブラック・ホーク(※東京・渋谷にあったロック喫茶) などに出入りしていた一部のファンを除いてほとんど知られていない存在でした。 兵庫・宝塚の通販専門店「きっぴんとんろっじ」さん (大阪・梅田のミュージック・インさんの前身)のリストに2作品とも載っていて慌てて電話しました。その時のリストがこちら。



お値段、1stが13,000円、2ndが9,500円。 すでに当時からそれなりのお値段でした。 (それでも今の1/3ぐらい) そして、その時購入した2枚がこちら。



で、今回の新入荷は国内盤LP。 もちろんちゃんと G/Fカバー です。

このアルバムは、1970年に本国イギリスで発売、さっそく翌71年に日本コロンビアが発売しています。 今でこそ名門レーベルの一つとも言える Dawn ですが、このヘロンの1stは1969年に発足した Dawn レーベル の9枚目のアルバム。ブラック・ホーク辺りで話題になるのは時間差もあって70年代半ば以降でしょうし、 これを当時さっそく日本盤で出したコロンビアの担当者は偉いです。


とは言えこの日本盤もほとんど売れなかったのでしょう。私も実物を見るのはこれが2回目です。手元にあるうちにこの国内初回盤の記録を残しておこうと思います。


表ジャケ左上には "This album was recorded live in a field" の文字が。今ではあまりにも有名な 「木漏れ日フォーク」 とヘロンが言われる所以です。


裏ジャケには曲名が日本語で記載されています。
A-4 Smiling Ladies が「ほほえむレディ」、A-7 Upon Reflection が「熟考」、B-6 Carnival And Penitence が「祭りの後で」などの邦題が付けられています。


スパインです。(下が日本盤、水色なんです。)


内ジャケの右下。日本盤発売が71年7月だったことがわかります。



インサートです。



そして、レーベルです(右が日本盤)。

肝心の音の方は。

もともとUKオリジナル盤はちょっと乾いた感じが過ぎていてオーディオ的には 「?」 という感じなのですが、わずかにですが日本盤の方は屋外の乾いたカサツキ感が抑えられていて、その分演奏が潤った感じがします。 それでいて小鳥のピヨピヨなどはしっかり捉えられていて野外演奏の雰囲気はしっかり残っています。むしろ音量を上げた時のやかましさが緩和されて日本盤の方が聴きやすいのかも。  カッティング時のミキシングのサジ加減なんでしょうがそれぞれに悪くはありません。


それでは、本日も皆様のご来店お待ちしております。



🎧 🎧  今、ブログ・ランキングっていうのを頑張っています 🎧 🎧
 ↓ ↓ ↓ この記事"いいね"と思ったらクリックお願いします !
     おかげさまで今日現在、部門 第14位 です。



★【店舗情報】はこちら > 【店舗情報】 
★【地図】 はこちらをクリック > 【地図(Yahooロコ)】

★ また、当店では、随時ヤフオクへの出品も行っております。
    
【ヤフオク!】 ラジオデイズ・レコードの出品一覧 (ジャズ)
    【ヤフオク!】 ラジオデイズ・レコードの出品一覧 (ロックほか)

0 件のコメント:

コメントを投稿