レコード & CD 買取りのご案内 名古屋・愛知県内 無料出張 OK


レコード & CD の買取・査定は
当店にお任せください

 次の三つの買取方法 からお選びください

 
(許可を頂いて掲載しています)


明るい雰囲気の店内
 今、レコードは人気上昇中です !!!


 

TOPIC

✽ 巻頭特集 ! 全国誌 『 レコードマップ 2019』 に当店が登場

 




レコード & CD専門店として、「 誠実 ・ ていねい」 をモットーに、お客様の大切な思い出をきちんと次のオーナー様へ引き継ぎます。


店頭買取・出張買取とも、すべて 店長が責任をもって 1枚1枚査定します。
  

 

・ 全ジャンルの レコード LP/EP ・ CD ・ DVD ・ 音楽書 等

 
 

・ コレクション処分 ・ ご遺品整理 ・ 引越し等のお片づけ 等



買取の相場、見積り、処分の可否など、豊富な専門知識に基づき何でもお答えいたします。




🚗 店頭買取 駐車場無料です !!!
       隣接の名鉄協商さん駐車場をご利用ください

名古屋市中区新栄1-6-10 新栄ビル☞ 地図を見る

(大通りに面していて車での出入りに便利です)



 
午前中、および 水曜・第2木曜日にお持ち込みの方は、
前日までにお電話願います。


 
 
☎  買い取りご相談お電話は
年中無休 9:00~22:00  受付中です 
052-252-7060  

 
  Remember the music in your Radio Days...
 
  【古物商許可 愛知県公安委員会 第541311703600号
 

松任谷由実「あの日にかえりたい」のシングル盤 3バージョンなどを追加しました。

   

名古屋・愛知~レコード全ジャンル買取中 !
買取ご案内①~③をクリック願います。
👉【① 名古屋・愛知県の 無料出張買取】
👉【② 店頭買取(お車OK ! 隣接🄿あり) 】
👉【③ 全国より「宅配便買取」】


 
 

✼  ✼  ✼      1st  Dec,  2020    ✼  ✼  ✼





今日 12月1日は、ユーミンのニューアルバム『深海の街』のリリース日。




4年ぶり 39作目のスタジオ・オリジナルアルバムだそうです。




中古レコード店である当店には、もちろん入荷はございません(笑)






➽ というわけで、ユーミンの 7" シングル盤をちょこっと追加しました。
















➽ で、そんな中に、、、













「あの日にかえりたい」が3枚。





左: Express / 東芝EMI  ETP-20174
(1975年発売 B面「少しだけ片想い」)


中: アルファ ALR-709
(1979年発売 B面「翳りゆく部屋」)


右: アルファ ALR-752
(1980年発売 B面「卒業写真」)





ちなみに東芝盤はジャケット左上に「TBS-TVドラマ 家庭の秘密 主題歌」と書いてないものが初回仕様なので、「あの日にかえりたい」は4種類あることになります。





同じ曲 何枚もいらんわ。






ところがそこがレコード。3枚すべて別カッティング、当然に音が違うわけです。





数字の羅列で音が記録されていて、その数字列さえ変えなければ(つまりリマスタリングされなければ)何度再発されても音は変わらない CDと違うところです。





マスターテープに磁気信号によって記録された ”原初の" 「あの日にかえりたい」は、レコードとして再発売されるたびに、プレスの元になる "円盤状の金型" の製作が必要になります。





この金型を作る作業は「カッティング」と呼ばれます。





テープに記録された磁気信号を、物理的な「ギザギザの山」に変えるわけですが、これは機械に任せておけば誰がやっても同じ音に仕上がるというものではないのです。





カッティングの度に音が違うということになります。





👉 当店ブログ 『レコードのカッティングとマトリクスのこと』(2018年7月31日)







もちろん、LP収録バージョンとシングル盤も別のカッティングですので、同じ曲でも、LPの音とシングル盤の音は違うということになります。





シングル・バージョンは意図的に音を変えてある場合も少なくありません。





シングル盤コレクターが存在する所以です。







➽ 今回の3枚、音溝の幅を測ると、









ETP-20174    2.75cm

ALR-709        2.35cm

ALR-752        2.80cm





一番幅の狭い ALR-709よりも ALR-752は 約 20%も広いことになります。





同じ演奏時間で総幅が広いということは、音溝と音溝の間の部分の幅が広いということ。


幅が広いほど隣の音溝の干渉を気にしなくてよくなるので特に低域を大きくカッティングできるなど有利になります。







逆に、音溝の総幅が広いとレコード盤のより内周部まで音を刻むことになります。


レコード盤の内周部ほど曲率半径(いわゆる「R」)が小さくなり、針先がトレースするカーブが急になるため音楽再生上は不利な要素となります。







どのような音色、音量に仕上げるかということ以外にも、カッティング技師はこういうことも気にしながらカッティングするわけです。








3枚の「あの日にかえりたい」。








もちろん私は聴き比べてみました。








店のチープなオーディオでも違いが分かります。








どれがいいか? って。








毎度のことですが、良し悪しはオーディオ装置や聴く人の耳によっても変わるもの。






3枚買っても 1,000円ちょっと。





それでも贅沢かなぁ。。。





B面はみんな違う曲ですので、今回は「楽」ですよ(笑)










それでは皆様のご来店をお待ちしております。






💿  今、ブログ・ランキングを頑張っています 
↓ ↓ ↓ クリックで ランキング一覧が見られます。
 


 

" TAS Superdisc" の ピンク・フロイド 『ザ・ウォール』をナイスプライスで追加しました。

   

名古屋・愛知~レコード全ジャンル買取中 !
買取ご案内①~③をクリック願います。
👉【① 名古屋・愛知県の 無料出張買取】
👉【② 店頭買取(お車OK ! 隣接🄿あり) 】
👉【③ 全国より「宅配便買取」】


 
 

✼  ✼  ✼      28th  Nov,  2020    ✼  ✼  ✼






月末の土曜日だけあって、特に前半とても忙しかったです。(感謝)





ちょっとお客様が途切れたところで。







➽ 16時の追加品は、ロックのナイスプライスLP(上段)と、ブラック系 LPです。











➽ そんな中から、












ピンク・フロイド 『ザ・ウォール』
(CBSソニー 40AP1750/51)
1979年



帯・ライナー無し、ジャケ汚れ。 で、500円なんですが。。。




みなさん、この人気盤。 海外ではこの「CBSソニー40AP規格盤」の評価が非常に高いのはご存じでしょうか。(国内盤LPはこの初回40AP盤の次は 2016年のソニー SIJP22/23のみ)





このソニー盤、アメリカで、いや世界で最も権威のあるオーディオ専門誌『The Absolute Sound』(通称 TAS)誌が選ぶ「TAS Super LP」(TAS Superdisc)に選ばれているのです。




『TAS』誌の編集長以下数名が毎年、 世界中の古今の アナログLPレコードを徹底的に聴き込んで選者ごとにジャンルを問わず「最も音が良いLP」を選んでいます。(古今の、すなわちその年に発売されたものだけではないとうのがポイント)




これが「TAS Super LP」です。





ジャズ・ファンには 2000年代に入ってまもなく、Miles Davis の 『Kind Of Blue』オリジナル盤がモノラルではなくステレオ盤が TAS Superdisc に選ばれたことで、ステレオ・オリジナル盤の相場がモノラルを上回ったことなどでご存じの方もお見えかと思います。




『ザ・ウォール』ソニー40AP規格盤は、"神の耳を持つ男" などと言われた TAS誌の創始者で当時編集長だった Harry Pearson が2014年に Super LPに選んでいるのです。(この年、Harry氏 は死去)




そのときの 300枚はこちらのリンクです。

👉 TAS Super LP > Harry Pearson / 2014





ほとんどがクラシックのLPが 300並んでいる中で見つけるのは大変ですが、真ん中より少し下、「SPECIAL MERIT: Informal」の中にあります。(ちなみに Special Meritは優秀、Best Of The Bunchが最優秀)





ここで、『The Wall』は UKのオリジナル盤ではなく、ソニーの日本盤が一番良い音とされたことで海外での価格は高騰しました。(今でも)




ついでに、ピンクフロイドでは『狂気』も、日本盤の 2ndプレスである 東芝EMIのEMS-80324 が選ばれたことがあります。



👉 TAS Superdisc List 2007






さて、いつも書いているように、音の良しあしはオーディオ装置や聴く人の耳によって異なるもの。




ぜひともご自身の耳でお確かめください。







➽ 17時の追加品は、ジャズの国内盤LP(上段)と US盤 LPです。











US盤 LPは、OJC/Fantasyではなく、いずれも原盤版権保有会社プレス盤です。










ブルーノート、プレスティッジ、コンテンポラリーなどの 1950年代・60年代に全盛を極めたジャズのマイナー・レーベルは、70年代以降は大手レコード会社に買収されたり経営規模を縮小したりしていきます。




代わってジャズのマイナーレーベルのLPの再発売は、 OJC(Fantasy系)やスペインの Fresh Sound といった再発専門の会社が、さまざまなレーベルのアルバムを製造販売していくようになります。



たとえば OJC/Fantasyは、プレスティッジ盤もリバーサイド盤も製造発売しますが、Fantasy所属・契約のカッティング(マスタリング)技師がカッティングするため原盤レーベルの持つ音の特徴は薄れて Fantasyの音になっていきます。




対して、同じ 70年代・80年代プレスでも、原盤版権所有会社、あるいはその親会社がプレスしたレコードは、再発専門レーベルのように画一的ではなく、ある程度のレーベル・カラーを反映した音作りがされています。




今回入荷盤を見ても。。。




Miles Davis 『Kind of Blue』は70年代プレスですが「-1CH / -1DL」と、「-1A / -1A」から始まった Columbia盤のカッティング・マトリクス番号が継承されていっています。(Columbia社は最大手なのでそもそもどこにも買収されていませんが。)



Andre Previn 『And His Pals』も、「-D7 / -D7」と、かなり進んではいますがちゃんと Contemporary社カッティングの通し番号。



もちろん、 OJCや Fresh Sound社、さらにオーディオファイル向けの Classic Records社、Music Matters社、Analogue Productions社 などの再発専門制作会社のプレス盤の音が悪いということではありません。





オリジナル盤は無理。




ではどうするか?




日本盤も良いものがたくさんある。




いろいろなレコードを聴いてみて自分の答えを見つける旅。




それがレコード収集という道楽なのだと思います。。。




道楽?




いや地獄?







それでは皆様のご来店をお待ちしております。



💿  今、ブログ・ランキングを頑張っています 
↓ ↓ ↓ クリックで ランキング一覧が見られます。
 


 

屋台で熱燗の季節到来。てことは、和フォーク・和ブルース・和 R&Bでしょ 。。。 沁みるわぁ。

   

名古屋・愛知~レコード全ジャンル買取中 !
買取ご案内①~③をクリック願います。
👉【① 名古屋・愛知県の 無料出張買取】
👉【② 店頭買取(お車OK ! 隣接🄿あり) 】
👉【③ 全国より「宅配便買取」】


 
 

✼  ✼  ✼      27th  Nov,  2020    ✼  ✼  ✼






ぎりぎり秋にとどまっているっていう感じ。



こんな季節は。





➽ 和フォーク、和ブルース、和 R&Bであったまりましょう。




アナログの音が沁みますよ。。。










長谷川きよし 『アナザー・ドア』


友部正人 『大阪へやって来た』


高田渡 『ごあいさつ』


加川良 『駒沢あたりで』『アウト・オブ・マインド』


中川イサト 『黄昏気分』『Homespun』


フラワー・トラベリン・バンド 『メイク・アップ』


大上留利子 『ええ歌ばっか』『大阪で生まれた女』


高橋忠史 『新宿駅西口ライブ』『東京』『26夏』





➽ そんな中から、





吉川忠英 『こころ』
(日本コロムビア CD-7121-A)
1974年



74年のファースト・アルバム。


細野晴臣、鈴木茂、松任谷正隆、林立夫らが参加。









大上留利子 『ドリーマ・フロム・ウェスト』
(ワーナーパイオニア L-10122A)
1978年










遠藤賢司 『ライブ』
(SMS  SM22-4016)






➽ その他にも、こちらはオール・ナイスプライス、









それでは皆様のご来店をお待ちしております。



💿  今、ブログ・ランキングを頑張っています 
↓ ↓ ↓ クリックで ランキング一覧が見られます。